対戦結果詳細
日付 2018年度  2018/10/2   1試合目
主催/リーグ (公財)日本体育協会
大会/トーナメント 国民体育大会【本大会】  
グラウンド 武生東運動公園
スコア Team 1 2 3 4 5 6 7 8 Total
岐阜県選抜 0 0 0 0 1 0 0 1 2
千葉県選抜 0 0 0 0 0 0 1 1 4
勝敗 その他
先攻バッテリー 比嘉 竜哉⑦、竹本流星①1/3 - 西 貴史
後攻バッテリー 滝口、酒井、滝口 - 亀田
内容 【岐阜県選抜、アウトあと一つに泣き 5位入賞】

岐阜県選抜は試合を優位に進めながら、最終回ツーアウト、あと1人の場面から
同点を許し、試合の主導権を千葉県選抜に握られてしまい、無念のサヨナラ負け
を喫してしまった。

岐阜県選抜は比嘉竜哉投手【中京学院大学より補強】、千葉県選抜は滝口投手が先発して試合開始。
岐阜県選抜は、初回、2回と満塁の場面を作り攻め立てるも走者を返せず先制のチャンスを逃してしまうが、比嘉竜哉投手がキレのあるライズボールで三振の山を築く快投で千葉県選抜の強力打線を封じ込める。
千葉県選抜は4回から酒井投手にスイッチして得点を許さない体制に入る。
試合が動いたのは5回、岐阜県選抜の1番打者奥村翼選手【環太平洋大学・県岐阜商出】が左中間へ目の覚める先制HRを放ちついに均衡を破る。
岐阜県選抜の比嘉竜哉投手は見事なピッチングで千葉県選抜打線を抑えるも、6回後半あたりから疲れが見え始める。
最終回7回もクリーンアップから始まる相手打線を抑えツーアウトまでこぎつけるも、
ワイルドピッチで2死二塁の後、詰まったセンターフライがセンター前に落ちる不運のタイムリーヒットを許してしまい試合は振り出しに戻ってしまう。
8回から、前日神奈川県選抜戦でノーヒットノーランを演じた竹本流星投手を投入するも、タイブレーカー【無死二塁から始まるルール】によりリードを守りきれず同点、
9回は得点を奪えずに迎えた9回裏、相手打線にサヨナラとなるツーランホームランを浴びてしまいゲームセット!!
勝利を目の前にしてうっちゃられてしまい、悔しい5位入賞となった。
千葉県選抜は、次戦も大阪府選抜に勝利し優勝!!
悔しさの上塗りとなる結果となった。

千葉県選抜、おめでとうございます!!

打撃成績
打順 先発 選手

1


2












1 2 3 4 5 6 7

投手成績
投手名 投球回数 自責点 失点 奪三振 与四球 与死球 被安打 被本塁打 投球数 勝敗

COUNTER
今日 : 3
総計 : 9481194811948119481194811