対戦結果詳細
日付 2018年度  2018/10/21   2試合目
主催/リーグ 日本ソフトボール協会
大会/トーナメント 日本男子東日本リーグ  
グラウンド 黒羽運動公園多目的広場
スコア Team 1 2 3 4 5 6 7 Total
日本エコシステム 3 0 1 0 0 8 12
トヨタ自動車 1 0 0 0 0 0 1
勝敗 勝利
先攻バッテリー 坂本 俊行②0/3、竹本 流星④ - 星野 智弥
後攻バッテリー 濱口 寿二 - 西森 優勝
内容 【日本エコシステム、トヨタ自動車相手にコールド圧勝!!】

日本エコシステムが東日本リーグ3節最終戦となるトヨタ自動車戦をコールドの圧勝で締めくくった。

日本エコシステムは初回、1番藤原雄歩(四球)、2番古橋和也(センター前)、3番久保浩司(センター前タイムリー)の絶好調トリオの活躍で速攻で1点を先制すると、6番岩松左近のライトオーバーの2点タイムリースリーベースで幸先良く3点の先制を奪う。
3回には恐怖の2番バッター古橋和也がレフトオーバーのツーベースヒットで出塁、絶好調トリオの3番久保浩司が今度は犠打でチームに貢献すると、相手バッテリーミスの間に4点目の追加点を奪う。
迎えた6回、またも絶好調男の3番久保浩司がレフトへのツーベースで出塁すると、4番山下治(中前ヒット)、5番下本誠矢(ツーベース)、6番岩松左近(ツーベース)、7番島袋光太(中前ヒット)の怒涛の5連打を浴びせ5点を追加すると、1番藤原雄歩のレフト前ヒット、恐怖の2番バッター古橋和也は四球を選び、締めくくりは打者一巡して回ってきた3番久保浩司、初球を弾丸ライナーでセンターオーバーとなるダメ押し・コールドゲームを決定付けるスリーランHRを放ち、6回は久保浩司に始まり久保浩司で締めくくる打者一巡の猛攻で8点を奪い、12-1で試合を決めた。

投げては先発坂本俊行が久しぶりの登板で苦しみながらも最小失点に押さえ、エース竹本流星が後続を1人の走者も許さないパーフェクトピッチングで締めくくり完勝した。

久保浩司選手
4打席3打数3安打4打点1HR 1犠打 1ニ塁打
あと三塁打が出ればサイクルヒットとなる活躍でした。

岩松左近選手
3打数3安打3打点 1三塁打 1ニ塁打
あとHRが出ればサイクルヒットとなる活躍でした。

星野智弥選手
今節4試合捕手としてフル出場
投手陣を引っ張り、上位チーム相手に4試合6失点の好リードで4連勝に貢献。
打撃は1安打であったが、打席内でファウルで粘り
全12打席で相手投手に64球も投げさせる粘りの打撃で活躍した。

打撃成績
打順 先発 選手

1


2












1 2 3 4 5 6 7

投手成績
投手名 投球回数 自責点 失点 奪三振 与四球 与死球 被安打 被本塁打 投球数 勝敗

COUNTER
今日 : 1
総計 : 9559595595955959559595595